ダイエット中にやよい軒で食べるなら『鉄火丼』がオススメの3つの理由とは?

どうも、外食ダイエットメニュー大好き、ファーマ男です。

今回は、ダイエット中にやよい軒で外食するのであれば、鉄火丼を選ぶべき理由を紹介します。

  • 低カロリーなだけでなく低脂質高タンパク
  • 白米もマグロもたっぷりでボリューム満点
  • 鉄火のタレとごはんとマグロの相性が抜群

ということでオススメです。ぜひ試してください。

ほかにもやよい軒でダイエットにおすすめな定食メニューが知りたい方は『やよい軒でダイエット中に選ぶべき3つのメニューとは?悩んだらどれか注文!』をごらんください。

やよい軒でダイエット中に選ぶべき3つのメニューとは?悩んだらどれか注文!
今回は、ダイエット中にやよい軒で選ぶべき3つの低カロリーメニューについて、カロリーと糖質、およびオススメの理由を合わせて紹介します。 ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

やよい軒の鉄火丼とは

まぐろの切り身を贅沢にのせた海鮮丼の人気メニューです。
(みそ汁付)

やよい軒

価格は750円です。

やよい軒では、定食であればおかわり自由ですが、こちらの鉄火丼は定食には該当しません。

なので、おかわり不可です。

もし、ごはんをたくさん食べた場合には、大盛りを頼みましょう。丼のごはん大盛りは100円増です。

また、十六穀米への変更もしていないです。

ちなみに、鉄火丼に使用されているお米は、普通の白米でした。酢飯ではありません。鉄火丼には酢飯だろうが!という方は、お寿司屋さんに行きましょう。

あと、とろろ(150円)を追加すれば、山かけ鉄火丼なんかにもできます。

とろろはたったの33キロカロリーだし、とろろごはん大好き!とか、少しでも野菜を摂りたいという方にはオススメ。

鉄火丼は低カロリー

それでは、やよい軒の鉄火丼がダイエット中にオススメの理由を紹介します。

まずは、なにより低カロリーということ。

やよい軒の鉄火丼は498キロカロリーです。糖質(炭水化物)は87.0gとのこと。

詳しい栄養成分表示は以下のとおりです。

鉄火丼の栄養成分表示
熱量(kcal) 498
蛋白質(g) 31.6
脂質(g) 2.7
炭水化物(g) 87.0
食塩相当量(g) 5.2

サイドメニューをのぞけば、やよい軒で500キロカロリーを下回るのは鉄火丼だけです。

ほかの定食は、低くても600キロカロリー以上です。(肉野菜炒め定食630キロカロリー)

なので、ダイエットでなにより大切なカロリーを抑えるという面において、この鉄火丼が1番いいメニューです。

PFCバランスを見ても、タンパク質は30g以上もあって、しかも脂質はたったの2.7gという最高のバランスです。

その他のやよい軒のカロリー一覧が知りたい方は『【2019最新】やよい軒のカロリーまとめ!定食、サイドメニュー、朝食すべて掲載!』をごらんください。

【2019最新】やよい軒のカロリーまとめ!定食、サイドメニュー、朝食すべて掲載!
今回は、やよい軒のメニューのカロリー低い順ランキングを表にしました。 ダイエット中にやよい軒で外食するとき、なにを食べたらいいか悩みま...

鉄火丼はボリューム満点

そんな低カロリーの鉄火丼ですが、意外にもボリュームがすごいです。

それなりの大きさの丼にごはんがしっかりと盛ってあります。

これで並盛りなの?と少し驚くほど。

ボリューム少なめでちょっとしか食べないの出れば、カロリーが低いのもわかりますが、これだけちゃんと食べることができてカロリーも抑えられるのはダイエット中には最高です。

満足感が半端ないです。

どんだけ多いかって、マグロに合わせてごはんを食べてたらごはんが余っちゃうほどです。(褒め言葉)

そのマグロについても少ないんじゃんくて、しっかりと入っています。

ぼくが食べたときには、一口サイズのものが8枚いました。

マジでダイエットしてる感とか食事制限してる感はゼロです。

むしろお腹いっぱいになりました。

鉄火丼はおいしい

低カロリーでボリュームもすごい鉄火丼、肝心の味のほうも間違いないです。

マグロ柔らかく、筋もなくて食べやすいです。

脂身はなくサッパリとした赤みです。

下手に安い回転寿司で食べるよりもおいしいです。

マグロの下には、ノリが敷かれています。

この海苔も味付きのようで良かったです。個人的には好きなやつ。

鉄火丼にかけるタレも、普通の醤油とは違うような気がしました。

鉄火のタレだそうです。少し甘みがあるように感じました。

このタレとマグロと海苔とわさびと白米の相性が抜群です。

そして、マグロで食べきれずに残ったノリごはんがまたうまい。

やよい軒特製のつけものもあるので、最後までおいしくいただけました。

おまけ

最後におまけですが、マグロは高タンパク低カロリーなだけでなく、鉄分やカリウム、良質な脂質などを含んでいるのもオススメする理由です。

ダイエット中は限られた食材からエネルギーを摂取することになります。

少ない食材から、より多くの栄養を摂る必要があります。

いろいろな栄養が含まれるマグロを食べることは、体重を減らすだけでなく、健康を維持する助けにもなります。

また、日常的にする自炊では、魚を食べる機会が少ないと思います。

せっかくの外食では、あまり食べることのない魚から、普段摂ることのできない栄養を摂取するのがいいです。同じものばかりではバランス悪いですから。

まとめ

  • 低カロリーなだけでなく低脂質高タンパク
  • 白米もマグロもたっぷりでボリューム満点
  • 鉄火のタレとごはんとマグロの相性が抜群

ということでオススメです。ぜひ試してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)