【画像で解説】めざましカーテンmorninの具体的な使い方に!口コミもあわせて紹介!

今回はめざましカーテンmorninについてお調べの方へ、ぼくが実際にどのように使用しているかを紹介します。

めざましカーテンmorninは、マツコの知らない世界では、早起きが習慣付けられる商品として紹介された人気商品です。

そんなオススメアイテムのめざましカーテンmorninですが、どんな使い方をすればいいのか気になる方もいるでしょう。

この記事を読めば、めざましカーテンmorninの使い方はすべてわかるはずです。

  • めざましカーテンmorninの使い方が知りたい
  • 睡眠の質をあげるために、カーテンを閉めた状態で寝たい
  • カーテンが開いた状態の陽の光でスッキリ目覚めたい

という方はぜひごらんください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

めざましカーテン mornin’ってなに?

めざましカーテンというのは、カーテンレールに取り付けてることで、自動でカーテンの開け閉めをしてくれる商品です。

専用のアプリをダウンロードすることで、設定した時間通りに自動で開けたり閉めたりもできますし、開けたいまたは閉めたい気分のときに、リモコンで操作することもできます。

めざましカーテンをカーテンレールに設置するのは一瞬で終わりますし、アプリの設定も5分もかからず簡単に使用できます。

めざましカーテン mornin’の設置方法

使い方が難しかったらどうしようと不安な方のために、設置方法を紹介します。

まずは、設置した状態をお見せします。

これが設置のゴールです。

では、どのように設置するか順を追って説明します。

めざましカーテンには中央にボタンがあります。

こちらのボタンを押すと。

上部のレールがくるっとまわります。

ホコリがついているのは見逃してください。

あとは、この状態でカーテンレールに取り付けるだけです。

カーテンがついていない状態のこの位置に、

ボタンを押した状態で入れる。

ボタンを話すと、またくるっと回るので、固定されます。

あとは、カーテンを設置しましょう。

カーテンで隠れるので、めざましカーテンがついているのは、外からは見えません。

以上です。とても簡単なのがおわかりいただけると思います。

めざましカーテン mornin’の開閉時間

具体的にぼくがどのようにめざましカーテン mornin’を使用しているか紹介します。

上の画像は実際のアプリの画面です。

まず、閉まる時間ですが、夜の午後6時に設定しています。

室温のことを考えて、この時間に設定しました。帰宅してご飯を食べて、少し休憩などしている時に、カーテンが開いた状態だと、時期によっては寒いです。また、夜遅くになるにつれて、どんどん寒くなっていきます。

そのため、6時には閉めて部屋が寒くないようにしています。

カーテンを開ける時間についても、季節や気温により変えています。

暖かい夏などは、カーテンを開ける時間は6時29分だったり、もう少し早かったです。ところが、冬はそれより遅い時間に設定しています。冬の早い時間にカーテンが開くメリットがあまりないからです。

というのは、カーテンが開いたせいで、寒くて起きてしまいます。これではいい気分で目覚められません。さらに、寒いからという理由で布団から出られません。

また、カーテンが早く開いたところで、冬は日の出が遅いので、陽の光があまり入ってきません。つまり、陽の光で目覚めるというメリットを得られないです。

そのため、冬は夏に比べて遅い時間にカーテンが開くよう設定しています。

なぜ、29分とか59分かと言うと、めざまし時計のなる一分前に設定しています。めざましカーテンが開く音と光によって目覚めるけど二度寝しそうになったときに、めざまし時計もなり始めて起きるという仕掛けです。

ちなみに、真冬のカーテンのあく時間は、仕事に行ったあとにしています。それじゃあ、意味ないのでは?と思うかもしれません。

冬に関しては、ぼくの感覚では、陽の光で目覚めようとするよりは、朝の体温上昇を頼りにしたほうがスッキリ起きられます。目覚めの光は、蛍光灯の明かりでも十分という意見もありますし。

体内時計のために、陽の光を浴びたいという方もいるかもしれませんが、それは出勤時に外にでればいくらでも浴びられます。

下の画像のように、タイマーは一分単位で設定できるし、曜日の設定も可能です。

また、リモコンでの操作も可能です。

めざましカーテン mornin’の口コミ!

めざましカーテン mornin’を使い始めたことで、カーテンの開け閉めのことを考えないでよくなりました。

それまで、帰宅したらカーテンを閉めなきゃとか、朝起きたらとりあえずカーテンを開けなきゃと考えていました。

それが全自動になるので、非常に楽です。

ぼくにとって、カーテンの開け閉めは意外と労力がかかっていたようです。

めざましカーテンが動くときに、ウィーーーーンという音がします。

ぼくは、この音で目覚めることがありますが、そんなに不快感はありません。窓際にベッドがあるので、音がより大きく聞こえている可能性はあります。

この音については、最新機種はより静かに動くよう改良されているので、心配ないでしょう。

参考までに他の方の口コミを紹介します。

  • 日光で目覚めるのは気分が良いです(^^)
  • 朝晩自動で開閉してほしいという目的だと最高、タイマー付き自動開閉機としては格安で設置・設定も非常にお手軽。
  • 毎日確実に、モーニングコールならぬモーニング光が入って覚醒に導いてくれます。
  • お蔭さまで朝、何回も目覚ましがスヌーズになる事はなくなりました(^^

普段からカーテンの開け閉めがめんどくさいと感じている人、またカーテンを閉めて寝たいけど、カーテンが開いた状態で起きたいと考えている方はぜひお試しください。

欠点としては、電池で動くものなので、電池交換が面倒です。

一年間で2回交換したかなぁという頻度なので、決して電池のもちが悪いわけではありません。

電池も用意しておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)