低身長がGUの『ドライテーパードトラウザー』を裾上げして履いてみたサイズ感や感想!

今回は、GUのドライテーパードトラウザーを裾上げして履いてみたサイズ感や感想を紹介します。

短パンは個人的にNGなので(というかNGな女性が多い)、夏の暑い季節にも履ける涼しいスラックスが欲しくて購入しました。

ドライテーパードトラウザーは、オンラインストア限定の商品で店頭で試着することができないので、裾上げした際のサイズ感やシルエットが気になる方はぜひごらんください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

GUのドライテーパードトラウザーとは

汗をすばやく吸収する吸水速乾機能を備えたトラウザーです。体を動かしやすいストレッチ性に優れた生地を採用。股上がやや浅いテーパードシルエットで下半身をスマートに見せてくれます。同素材のジャケットを合わせたセットアップでの着こなしもオススメ。

GU

吸水速乾機能があって、夏でも涼しく履けるパンツです。

参考までに、GUのドライテーパードトラウザーの3サイズだけ載せておきます。

XS S M
ウエストヌード寸法 67 72 77
ウエスト(仕上がり寸法) 74 78 83
ヒップ 91 95 100
わたり幅 29.5 31 32
股上 22 22 23
裾幅 16 16 17
股下 73 74 74

実際の商品はXXLまであります。

詳しくは、ホームページをごらんください。

GUのドライテーパードトラウザーの口コミ

参考:GU

ウエストはちょうどいいです。お尻もちょうどです。裾も切らずでくるぶしあたりできれいに見えます。夏用に購入しました。セットアップで使用ではなく、パンツのみで使用を考えましたのできつめではこうと思いました。キレイ目でいいですよ。ネイビーを追加購入予定です。174cmで63kgです。

174センチあれば裾上げ不要とのこと。

ちなみに、この方はSサイズを購入したようです。

166センチ55キロの夫用に購入。 全体的にゆったりだったので、XSサイズでも良かったなと思いました。 生地は軽くてさらっとしていて、薄くて履きやすいです。 シワにもなりにくいようです。 ワンシーズン限りだと思いますが、なかなか良いです。 165センチ通常Lサイズを購入する私でも、ピッタリ履けました。パンツスーツのボトムスに良さそうなデザインです。女性でもイケると思います。

「166センチ55キロの夫用に購入。 全体的にゆったりだったので、XSサイズでも良かったなと思いました。」

「165センチ通常Lサイズを購入する私でも、ピッタリ履けました。」

普段着ている商品にもよりますが、ちょっと大きめのサイズ感かもしれません。

GUのドライテーパードトラウザーを履いた感想

いつもであれば、店頭で試着してから裾上げしたときのシルエットをイメージして購入するのですが、今回の商品はオンラインストア限定だったので思い切って購入しました。

ただ、裾上げしても返品可能なので、心配いりません。

ということで、到着した商品がこちら。

てっきりダンボールに入ってくるかと思ったらビニール?でした。

ただ、中身はちゃんと包装してあるので大丈夫です。

股下60センチでお願いしました。

測り方も参考にしてください。

ちなみに、今回60センチに設定したのは、持っていたスーツがその長さだったからです。

横からのシルエットはこんな感じ。

前。

後ろ。

うーん。

すでに嫌な予感しかしません。

裾幅は16センチでした。決して太くはない。

そして、試着したのがこちら。

身長161センチ、体重52キロです。

まずは、正面から。

次に横から。

・・・。

テーパードとは・・・。

って感じになってしまいました。

正面のシルエットもストンっと落ちる感じではなく、なんか裾が広がっちゃってます。

たぶん短くしすぎてせいでシルエットが崩れてるのかと。

ぼくは、大きめのTシャツに細身のパンツでYシルエットを作るのが夏の基本のスタイリングなので、この出来上がりのシルエットでは満足いきませんでした。

なので、迷うことなく返品することに。

ちなみに、生地感はサラサラしてます。

履き心地は決して悪くないだけに残念ですね。

夏にサンダルやスリッポンやエスパドリーユなどの甲の低い靴に合わせるのであれば、もっとギリギリまで裾を長く残すことになると思います。

そうすれば、いくらかシルエットはマシになるかもしれません。

ぼくは、ハイテクスニーカーしか履かないので、それに合わせる前提で短めにすると、こんな感じになりました。

以上、実際に履いてみた感想です。

身長160センチ前後の人はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)