【2019最新】エクセルシオールで糖質制限中に選ぶべき『ドリンク』7選とは?カスタマイズも含めて徹底比較!

今回は糖質制限ダイエットをしている方におすすめの、エクセルシオールカフェのドリンクメニューを紹介します。

糖質が10g以下のメニューを厳選しました。

ちなみに、1番糖質が低いメニューを先にお伝えしてしまうと、

  • ペリエ

です。

それ以外にも、低糖質の飲み物が知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

また、エクセルシオールのメニューのカロリー一覧についても紹介しています。

【2019最新】エクセルシオールの『カロリー』一覧!糖質もあわせてランキングで徹底比較!

もあわせてごらんください。

【2019最新】エクセルシオールの『カロリー』一覧!糖質もあわせてランキングで徹底比較!
今回は、エクセルシオールのメニューのカロリー低い順ランキング、およびカロリーと糖質一覧を作成しました。 ダイエット中にカフェで外食する...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

糖質10g未満のドリンクメニュー

先に糖質を抑えるポイントをお伝えしてしまうと、

  • 牛乳ではなく豆乳を選ぶ
  • ホットよりもアイス

ということです。

以下、おすすめ7選です。

おおよそ糖質が低い順になっています。

ペリエ

南フランス産の天然炭酸入りナチュラルミネラルウォーターです。

エクセルシオール

メニュー 熱量(kcal) 糖質(g)
ペリエ 0 0

なんと、糖質とカロリーともに、0です。

まあ炭酸水なので、当たり前といえば当たり前。

ぼくは炭酸水が好きなので、たまに飲むことがあります。シュワッとして、暑い夏にはピッタリです。

ロイヤルミルクティー

紅茶の上品な香りとミルクのコクが味わえます。

メニュー 熱量(kcal) 糖質(g)
ロイヤルミルクティー 豆乳 74 4.7
ミルク 78 6.2
アイスロイヤルミルクティー 豆乳 66 4.2
ミルク 70 5.6

ロイヤルミルクティーの中でも、1番低糖質低カロリーなのは、アイスロイヤルミルクティーの豆乳カスタマイズです。

通常のミルクよりも豆乳のほうが低糖質で、ホットよりもアイスのほうが低糖質というセオリー通りです。

ミルクが苦手な方は助かりますね。

豆乳

ドトールと同じように、エクセルシオールでも豆乳のみが注文可能です。

メニュー 熱量(kcal) 糖質(g)
豆乳 121 7.6
アイス豆乳 109 6.8

低糖質なコーヒーで割ってあるカフェラテよりも、豆乳単体のほうが低糖質なのは、少し以外な結果です。

アイス豆乳、アイス豆乳ラテ、豆乳(ホット)の順に糖質が高くなります。

カフェラテ

エスプレッソとミルクのバランスがおいしい定番ドリンクです。

メニュー 熱量(kcal) 糖質(g)
カフェラテ 豆乳 112 7.8
アイスカフェラテ 豆乳 100 7.1
ミルク 105 9

やっと定番メニューの登場。

ロイヤルミルクティーよりも、カフェラテのほうが糖質は高いんですね。

一般的には、紅茶のほうがコーヒーよりも、低糖質であるからでしょう。

カフェラテの中では、アイスカフェラテの豆乳カスタマイズが1番低糖質低カロリーです。

カプチーノ

豊かな泡立ちとまろやかな味わいです。

メニュー 熱量(kcal) 糖質(g)
カプチーノ 豆乳 112 7.9
ミルク 118 10.1

カプチーノは、蒸気で温めた泡を楽しむものになります。

泡を楽しみたい方やホットがいいという場合以外は、カプチーノと同じように牛乳とコーヒーを使用していて糖質がより低い、カフェラテがいいと思います。

通常のミルクを使用したカプチーノだと、糖質が10gを超えてしまいます。

糖質を抑えたいけどカプチーノが飲みたいときは、豆乳カスタマイズがオススメです。

牛乳

豆乳と同様に、裏メニューの牛乳のみです。

メニュー 熱量(kcal) 糖質(g)
アイスミルク 115 9
ミルク 128 10

豆乳よりも2~3gほど糖質が高めになります。

ホットミルクってたまに飲むとおいしいですよね。

ペリエエスプレッソ

ほんのり甘さをプラスしたエスプレッソに天然炭酸水のペリエを合わせた暑い時期にぴったりの商品。爽やかなひとときをどうぞ。

エクセルシオール

メニュー 熱量(kcal) 糖質(g)
ペリエエスプレッソ 47 12.5

個人的イチオシメニューです。

エクセルシオールに行ったときには、ほぼこれを飲んでいます。

というか、ペリエエスプレッソを飲みたいときに、エクセルシオールに行く感じです。

炭酸が好きで、コーヒーも好きなぼくは、初めて飲んだときは、こんなにおいしいものがあるのかと、驚いたほどです。

ただ、糖質が10gを超えているので、今回はおまけとしての紹介です。

カロリーは低いので、ぼくは気にせず飲んでいます。

糖質5g未満のドリンクメニュー

こちらはあえて紹介するまでもないメニューですが、新しい発見もあるかもしれないので紹介します。

順位 メニュー 熱量(kcal) 糖質(g)
1 アールグレイティー 3 0.3
1 アッサムティー 3 0.3
1 ダージリンティー 3 0.3
4 エスプレッソ 6 1.2
4 アメリカーノ 6 1.2
4 ブレンドコーヒー 6 1.2
7 アメリカン 5 1.4
8 アイスアメリカーノ 7 1.5
9 アイスティー 9 2
9 アイスコーヒー 11 2

アイスおよびホットのドリンクメニューを糖質順に並び替えた、トップ10です。

アイスのほうがホットよりも低糖質という法則からすると、アイスティーが1番糖質が低いかと思いきや、ホットの紅茶が1番低糖質です。

ホットティーは全メニューの中でも1番糖質が低いので、とにかく糖質を抑えたいという方は、ぜひ頼んでください。

※注意事項

  • 参考元は更新日が2019.7.4の栄養成分情報〈ドリンク〉(公式サイト)です。
  • 食物繊維は含まれていないと仮定して炭水化物量=糖質量としました。(炭水化物=糖質+食物繊維)
  • Sサイズでの糖質量を掲載しました。(Mサイズしかないものを除く)
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)