ドトールのミラノサンドC『サラダチキン&コールスロー』は低カロリーでダイエット中にもおすすめ!

今回はダイエット中でも食べられるドトールのメニューを紹介します。

それは、ミラノサンドCのサラダチキン&コールスローです。

マヨネーズを使用しているであろうコールスローにもかかわらず、サラダチキンがメインなので、高タンパク質低カロリーで、美味しく食べられます。

ミラノサンドCのサラダチキン&コールスローとは

ミラノサンドCはサラダチキンをメインの具材として、コールスローがトッピングされています。

シンプルな味付けのサラダチキンと、キャベツと人参を使用したコールスローをあわせ、アクセントにブラックペッパーを合わせました。

ドトールコーヒー

値段は税込みで440円です。ワンコイン以内です。ドリンクを頼むと超えてしまいますが。

このミラノサンドCのサラダチキンですが、ほかのミラノサンドに比べて栄養バランスがとても優秀です。

ミラノサンドCのサラダチキン&コールスローのカロリー

詳しい栄養成分は以下のとおりです。

  • エネルギー:399キロカロリー
  • タンパク質:19.5g
  • 脂質:16.0g
  • 炭水化物:44.4g

サラダチキンを使用しているためタンパク質がとても豊富です。

コールスローにはマヨネーズ入っていると思いますが、それでも脂質は決して高くはないです。外食で脂質が20g未満であれば、許容範囲内です。

ちなみに、ミラノサンドはどれも脂質が低めでタンパク質が多めの低カロリーで栄養バランスが良いメニューです。

今回は、ミラノサンドCを選びましたが、ミラノサンドはどれもダイエット中に食べて問題ないと思います。

どのメニューもタンパク質は高く、脂質は低めに抑えられており、炭水化物の量も問題ありません。比較のために次に他のミラノサンドのカロリーも紹介します。

ドトールのミラノサンドのカロリーまとめ

ミラノサンドはどれもオススメといっても、細かいカロリーを見てから判断したいという方もいるはずなので、それぞれのカロリーを紹介します。

  • エネルギー:384キロカロリー
  • タンパク質:15.4g
  • 脂質:16.6g
  • 炭水化物:43.3g

ビーフパストラミとは、牛肉を塩漬けにしてから燻製したものです。タンパク質よりも脂質のほうが多くなってしまっていますが、僕の中では許容範囲内です。

  • エネルギー:427キロカロリー
  • タンパク質:14.4g
  • 脂質:21.8g
  • 炭水化物:42.4g

サーモンは比較的脂質が多い食材です。ただ、魚に含まれる脂は良質なもので、決して悪いものではありません。サーモンに加えて、タルタルソースを使用しているので、少し脂質が高めになっていると思います。

最後にミラノサンドCを食べた感想を紹介します。

まず、パンがあったかいのが食欲をそそられます。ドトールのパンは温めてくれますからね。そして、いい香りがする。

中身はこちら。

サラダチキン、コールスロー、レタスが挟まっています。

上から見るとブラックペッパーがかかっているのがよくわかります。

黒胡椒のいい香りが味のアクセントになっていました。

レタスとコールスローがシャキシャキで美味しい。味付けはコールスローのマヨネーズと黒胡椒です。

サラダチキン自体はプレーンな味のもの。サラダチキンのパサパサ感はそんなに感じないものの、冷たいのが少し残念。さすがにチキンまでは温められないようです。

てゆか、マヨネーズとか久々すぎてめっちゃ美味しく感じます。マヨネーズありでこのカロリーと脂質は非常にテンションが上がる。

そして、低カロリーにもかかわらず、結構な大きさでボリュームがあるので、お腹のほうも満足になりました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告