ファッション

【2019秋冬】ユニクロの『ファーリーフリースフルジップジャケット』を低身長がレビュー!

ユニクロのファーリーフリースフルジップジャケット

今回は、ユニクロのファーリーフリースフルジップジャケットを紹介します。

公式サイトへの口コミレビュー数は約3000件もあり、平均評価も4.7点(5点満点中)と、冬のユニクロ商品の中でも人気の商品です。

  • ファーリーフリースのサイズ感が知りたい
  • ファーリーフリースのコーデが知りたい
  • ファーリーフリースを着た感想が知りたい

という方は、ぜひ参考にしてください。

ファーリーフリースフルジップジャケットとは

ファーリーフリースフルジップジャケット(長袖)https://www.uniqlo.com/jp/

ふわふわとして抜群に暖かいファーリーフリース。ゆったり着られるシルエットに改良。

ユニクロ

ファーリーフリースフルジップジャケットは、ファスナー付きのフリースのジャケットです。

通常のフリースよりも毛足が長く、やわらかい着心地なのが特徴。

毛足が長いのでフリースというよりは、ボアに近いイメージです。

通常の値段は、1990円(+税)です。

ぼくは、年始のセールのタイミングに、1290円で購入しました。

毎年人気の商品ですが、今年のモデルについては、

  • 首周りをゆとりのあるサイズ感に
  • 毛足が絡みにくいファスナーに

改良したとのことです。

襟周りのサイズ感を大きくしたことで、タートルネックとの重ね着も可能になっています。

ファーリーフリースフルジップジャケット(長袖)https://www.uniqlo.com/jp/

前年モデルとの変更点について詳しくは、フリースフルジップジャケットを参考にどうぞ。

色は全部で12色です。

  • オフホワイト
  • グレー
  • ブラック
  • レッド
  • ワイン
  • ベージュ
  • ブラウン
  • ダークブラウン
  • イエロー
  • ダークグリーン
  • ブルー
  • ネイビー

執筆時点では、人気色のレッド、ベージュ、ブルーが売り切れていました。

個人的には、ベージュが1番かわいいかなぁと思いますが、購入したのはブラックです。

ファーリーフリースフルジップジャケット(長袖)https://www.uniqlo.com/jp/

フリースとかボアはアイテム自体がカジュアルなので、ドレスやキレイめ感の出る黒でバランスを取りました。

また、黒は素材の表情が出にくく、安い生地感がバレにくいです。

ボアみたいにモコモコしたものを着るのは初めてだったので、モコモコ感が控えめにしたかったのと、安っぽさも抑えたかったのも黒を選んだ理由です。

デザインは以下のとおりです。

正面から。

ユニクロのファーリーフリースフルジップジャケット

後ろ姿。

ユニクロのファーリーフリースフルジップジャケット

ファスナーを閉じた状態。

ユニクロのファーリーフリースフルジップジャケット

生地感のアップ。

ユニクロのファーリーフリースフルジップジャケット

ちなみに、これは一度洗濯して、コインランドリーの乾燥機にぶちこんだ後です。

ファーリーフリースフルジップジャケットのサイズ感

ファーリーフリースのサイズは以下のとおりです。

XSから4XLまでありますが、参考までに3サイズのみ紹介します。

XS S M
身丈 64 66 69
肩幅 44 45.5 47
身幅 49.5 52.5 55.5
袖丈 57 57.5 59.5

上記以外のサイズについて知りたい方は、サイズ表を見るをごらんください。

ぼくは、Sサイズを購入しました。(身長161センチ、体重50キロ)

Sがジャストサイズといった感じです。

ユニクロのファーリーフリースフルジップジャケット

合わせたインナーは、ユニクロUの長袖のクルーネックTのSサイズです。

ぼくは主に、通勤時とクロスバイク運転時のインナーに使用することを想定したので、ジャストサイズを選びました。

アウターとして、流行りのオーバーサイズっぽく、ダボッと着たい方はMサイズのほうがいいかもしれません。

ファーリーフリースフルジップジャケットのコーデ

wearで見つけたおすすめのコーデを紹介します。

GPさんの「フラッフィーフリースフルジップジャケット(長袖)(ユニクロ)」を使ったコーディネートhttps://wear.jp/

こちらのモデルさんは身長163センチで、ファーリーフリースはLサイズとのこと。

Lサイズでもそこまでサイズ感が大きな印象はなく、自然かと思います。

ハーフジップのシャツとタートルネックをレイヤードさせることで、脱地味なコーデに仕上がっていますね。

視線がいきやすい首元に重ね着などの装飾性があると、地味になりにくいです。

WEARで見かけたコーデは、パーカーをインナーにしているものが多かったです。

ユニクロの公式写真をイメージしていただければ結構です。

気温によっては、インナーがTシャツでも十分暖かいです。

個人的には、ボア自体がカジュアルで表情のある素材感なので、インナーはシンプルでキレイめなドレスなものが合うと思います。

ザックリと編まれたローゲージよりも、目の細かいハイゲージのニット。

よりドレスに仕上がるタートルネックなんかがいいと思います。

ユニクロでいえば、エクストラファインメリノウールですね。極細の毛で編んだドレス感のあるアイテムです。

パンツはシンプルに細身のデニムやスラックスでいいんじゃないでしょうか。

靴も革靴がバランスがいいと思います。

ファーリーフリースフルジップジャケットを着た感想

実際に着た感想ですが、まず暖かい。

東京の1月でも10℃くらいあれば、半袖のTシャツにこのフリースでアウターにブロックテックパーカでも通勤くらいなら大丈夫です。

ぼくは乾燥肌なのでヒートテックを着ませんが、インナーにヒートテックを着たり、ヒートテックのタイツを履けば、真冬も余裕で過ごせるかと思います。

洗い方も簡単です。

表示には、洗濯ネット使用が推奨されていますが、ぼくはそのまま洗濯機で洗っています。

乾かす際にも、ほかの衣類と同様にコインランドリーの乾燥機にぶちこんでいますが、特に問題ないです。

1000円程度の商品なので、気軽に使っていただければいいと思います。

ひとつ気になることとしたら、首元が少し痒くなるかなぁと。

ぼくは、アトピーで肌が敏感なせいもあって、襟を立てた状態で長時間このフリースを着ていると、首の後側が少し痒くなってしまいます。

試着した際にはチクチク感などはなかったのですが。

ただ、通勤で使う際には大丈夫なので、気のせいかもしれません。

あとは、襟を寝かせてしまえば問題ないです。

肌が弱い人頭の片隅に置いておいてください。

こちらの記事もおすすめ!