【馳走麺 狸穴】@池袋東口│人気行列店の『濃厚魚介つけ麺』は至極の一品!

池袋でおいしいつけ麺をお探しの方へ、東口にある濃厚魚介つけ麺を紹介します。

『馳走麺 狸穴』です。

人気YouTuberの「すするTV」でも紹介された人気行列店です。

池袋で1番という呼び声も高く、ほかのお店とは一線を画す濃厚魚介つけ麺を、ぜひ試してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

馳走麺 狸穴のアクセスや営業時間など

住所 東京都豊島区東池袋1-32-2
TEL 03-3982-4055
営業時間 11:00~22:00、日曜日は11:00~21:00
※スープなくなりしだい閉店
定休日 火曜日

11時から営業開始となっていますが、ぼくが訪問したときには、11時ちょうどには開店せず、5分ほど過ぎてから、営業が始まりました。

場所は、池袋東口から徒歩5分程度です。

行き方は、池袋駅東口を出たら、正面にヤマダ電気LABIがある横断歩道を渡ります。

もし、出口からヤマダ電機LABIが見えなかったら、横断歩道を渡らずに左折して直進すると、おそらく見つかるはずです。

ヤマダ電機のほうに渡ったら、左折して、ヤマダ電機を右手に見ながら、ZARAのほうへと道なりに進んでいきます。

そのまま大通り沿いに進んでいくと、ビックカメラなどもあるはずです。

その先の横断歩道もわたり、さらに進んでいくと、右手にモスバーガーがあります。

そのモスバーガーの角を右折したところに、左手に狸穴があります。ちなみに、隣には大勝軒もあります。

狸穴の行列に並びたくないってときには、大勝軒もオススメです。

いくつか店舗のある大勝軒の中でも、1番おいしいという呼び声高い滝野川大勝軒については、こちらをごらんください。

【滝野川大勝軒】@池袋東口|ボリュームたっぷり『もり野菜』は甘辛い濃いめのつけ汁でお腹も満腹!

【滝野川大勝軒】@池袋東口|ボリュームたっぷり『もり野菜』は甘辛い濃いめのつけ汁でお腹も満腹!
今回は、池袋東口にある有名つけめん店、滝野川大勝軒を紹介します。 独特の甘いつけ汁が癖になるつけめんです。 他店の大勝軒と比べて...

馳走麺 狸穴ってどんなお店?

店内は、カウンター席のみです。12席ほどのよう。

衣類をかけるハンガーも設置されています。

BGMにはラジオがかかっていました。

ラーメン屋さんというよりは、蕎麦屋みたいな雰囲気です。

厨房では日本人の店員さんが調理をしているようで、接客する店員さんは外人の男性でした。

特に愛想がいいわけではなく、ぼくは提供の順番を間違われたので、あまり良い印象はありません。

ぼくが訪問したときは、お客さんは男性のみでした。

客層は学生っぽい人たちからサラリーマンまで。

ランチタイムでしたが、1人できている人もいれば同僚ときてる人もいました。

馳走麺 狸穴のメニュー

  • 濃厚魚介つけ麺 並盛・大盛…880円
  • 濃厚魚介つけ麺 特盛…980円
  • 濃厚煮干しつけ麺 並盛・大盛…880円
  • 濃厚煮干しつけ麺 特盛…980円
  • 辛つけ麺 並盛・大盛…950円
  • 辛つけ麺 特盛…1050円
  • 特製つけ麺 並盛・大盛…1180円
  • 特製つけ麺 特盛…1280円
  • 肉盛りつけ蕎麦 並盛・大盛…950円
  • 肉盛りつけ蕎麦 特盛…1050円
  • 濃厚煮干し中華そば 並盛…880円
  • 濃厚煮干し中華そば 大盛…980円
  • 煮干し中華そば 並盛…800円
  • 煮干し中華そば 大盛…900円
  • まぜそば 並盛・大盛…880円
  • 濃厚トマトカレーつけ麺 並盛・大盛…900円
  • 濃厚トマトカレーつけ麺 特盛…1000円

つけ麺だけでなく、そば、らーめん、まぜそばもあります。

その他、各種トッピングや、ごはんもの、アルコールなどのサイドメニューも。

辛つけ麺と特製つけ麺は、魚介か煮干しを選択、また特製トッピングは味玉+具沢山とのこと。

ちなみに、肉盛りつけ蕎麦は、その名の通り、冷たいお蕎麦です。

油そばは釜玉うどんみたいな感じ、蕎麦ならラー油系列のほうに軍配があがるとの口コミがあり、狸穴はつけ麺がおすすめメニューです。

馳走麺 狸穴の口コミ

「トロミがかったスープは豚骨鶏ガラ香味野菜等に煮干し節類のW」

「小麦の香りする三河屋製麺全粒粉太ストレート麺はモッチシコ食感でまたウマウマ」

つけ麺とまぜそばの麺は、全粒粉麺使用です。

「口にした瞬間に押し寄せる煮干しのキレのある旨味」

煮干しつけ麺もおいしそうですね。

これはこれでおいしそうですが、すき焼き風な肉そばであれば、西口にある壬生のほうがおいしいとの口コミがありました。

なぜそばにラー油を入れるのか。壬生|池袋西口でデカ盛りの肉そばを食べてお腹満腹!

なぜそばにラー油を入れるのか。壬生|池袋西口でデカ盛りの肉そばを食べてお腹満腹!
なぜそばにラー油を入れるのか知りたい方へ、池袋のデカ盛りそば屋さんの壬生で実際に食べた感想を紹介します。 ラー油が入っている特徴的なそ...

濃厚魚介つけ麺 大盛を食べた感想

今回は、平日の11時に訪問しました。

すでに先客24名が並んでいて、人気行列店であることがうかがえます。

11時になってもお店は開かず、結局5分過ぎてからオープン。

食券制ですが、券売機の並盛りのボタンが大きいからか、並盛の食券を買うものの、ほとんどのお客さんが、食券わたすときに大盛りに変えてと言っていました。

食券を購入後、案内された席に座っていましたが、店員さんはなかなかこず。

店員さんは、ぼくよりもあとから入店した人の食券を先に受け取っていました。嫌な予感がします。

案の定、順番を間違われました。

自分よりも後から入ったお客さんの食券を早く受け取ってたからでしょう。

結局20分ほどで着丼。

とろみのあるつけ汁。

ドロドロとまではいかない。

かつお節の香りがしっかり。

具材は、三つ葉、メンマ、ナルト、チャーシュー、海苔です。

麺は中太で少しだけ縮れている。

三河屋製麺のようです。

つけ汁の中には小さく少しだけコロっとしたチャーシューが入っていました。

ほかの濃厚魚介と比べると、かつお節なのか、かえしなのかが強めなのが特徴的です。

麺もつるっモチっとしてるだけでなく、適度な歯ごたえと少しちぢれてるのがアクセントになっています。

他のお店の濃厚魚介つけ麺とは、たしかにひと味違うなぁと。

メンマは甘く味付けされているというよりは、たけのこの旨みが凝縮された素材を生かした味わい。

食感もシャキシャキでおいしい。

三つ葉の香りは少しアクセントになるけど、つけ汁の存在感が強いから、そこまで感じません。

チャーシューはローストポークというよりは薄切りな生ハムに近いかな。

かみごたえがあるタイプではなく、やわらかい生ハムといった感じ。

ただ、生ハムのような塩味はなく、味付けはされていないようでした。

なので、つけ汁につけて食べるのがオススメです。

ナルトはただの見栄えかと。食べたことすら忘れていました。

スープ割は柚子風味です。

卓上に置いてあるのを自分で注ぎます。

麺量は大盛りにしたおかげで、ちょうどいいくらい。

お腹いっぱいってこともないけど、足りないということはなく、まあ十分かなみたいな。

コスパは悪くはないけど、良くもないという印象。

たしかに、ほかの濃厚魚介つけ麺とは一線を画すけど、並んでまで食べたいかと言われるとどうだろうという感じ。

ぼく自身、濃厚魚介つけ麺がそもそもあまり好みではないということもあると思います。

待ち時間が長い、順番間違われた、外人さんの接客が微妙と、味以外の部分でマイナスが大きかったです。

通し営業なので、空いてそうな時間帯に行くのがオススメです。

まとめ

馳走麺 狸穴の点数は、

『3点』です。

5点:ぜひ再訪したい!!

4点:機会があれば再訪したい!

3点:近くにいればor誘われたら再訪しても良い。

2点:一度行けば良いかな。

1点:行く必要なし。

味はたしかにおいしい。

ただし、マイナス面が大きかったという感想です。

並ぶことに抵抗がない人や、濃厚魚介つけ麺が好きな人には、オススメです。

ぜひ試してください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ(レスポンシブ)