夜カーテンを開けたまま寝るのと閉めて寝るのは、どちらが寝起きにいいか?

今回は、カーテンを自在にコントロールして、寝起きをよくする方法を紹介します。

カーテンは開けたまま寝たほうがいいの?

カーテンは閉めたまま寝たほうがいいの?

カーテンを開けて寝るメリットは?

寝起きが悪いから、朝の寝起きをよくしたい!

寝る際に、カーテンをどうしたらいいかって悩みますよね。ぼくも、開けたまま寝たり、閉めたまま寝たりといろいろ試しました。

そんな試行錯誤をしていくうちに、朝スッキリ目覚める方法を見つけたので紹介します。

朝の寝起きをよくするために、カーテンはどうしたらよいのかとお悩みの方はぜひ参考にしてください。

夜、カーテンを開けたまま寝るメリットとデメリットについて!

まずは、カーテンを開けたまま寝るメリットを紹介します。

1番は、朝日で目覚められるということです。

夜型の生活をしてて、昼間に寝るという人を除き、ほとんどの人は朝に起きることでしょう。そして、目覚まし時計など使わずに朝日で目覚めたいと考えたことがあるはず。

朝の陽の光は健康にいいともいいますよね。朝方に眠りが浅くなったタイミングで、陽の光が窓から入ってくると気持ちよく起きることができます。

ぼくも以前は、ずっとカーテンを開けて過ごしていました。

カーテンを開けたまま寝て、朝はカーテンから入ってくる陽の光で目覚める生活です。目覚まし時計で無理やり起こされるよりは、ストレスもなく朝起きることができます。

しかし、デメリットもいくつかあります。

  • 防犯性が低い
  • 睡眠の質が落ちる
  • 冬は寒い

まずは、防犯上良くないということ。立地によっては、部屋の中が見えてしまうということがあるでしょう。

次に、睡眠中のことをいえば、カーテンを閉めた状態のほうが、深い睡眠を取れます。これについては、次のカーテンを閉めた場合のメリットでさらに説明します。

そして、1番のデメリットは冬は寒いということです。

部屋のレイアウト上、ぼくの部屋は窓際にベットがあります。

これ、真冬はめちゃくちゃ辛いです。夜中寒くて起きることもあるし、朝方も寒くて布団から出られずに、二度寝をすることも多々ありました。

人間って、夜は体温低下することで眠くなっていき、朝は体温上昇にともない目覚めます。

ところが、冬の寒い時期にカーテンを開けたまま寝ると、この体温上昇とともにスッキリ起きるということが難しくなるのです。

カーテンを閉めたまま寝るメリットとデメリットについて!

次に、カーテンを閉めて寝るメリットとデメリットを紹介します。

メリットは、カーテンを閉めたほうが、睡眠の質が上がることです。それは、音と光と室温が理由です。

まず音です。当たり前ですが、静かな方がぐっすり眠れます。

ぼくが現在住んでいるマンションは、大通り沿いにあり、車の音などのせいで決して静かとは言えない環境にあります。

同じような境遇の人もいるのではないでしょうか?

昼間に比べたらマシなものの、引越し当初はうるささに慣れず、防音対策を調べまくりました。その結果、防音カーテンなるものを設置したのですが、カーテンがあるだけで全然音の大きさが違います。

カーテンをしても完全に音がなくなるわけではありませんが、以前に比べ音に気にならずに寝ることができています。

次に明るさです。

それまでカーテンを閉めたなかったので気づかなかったですが、寝るときカーテンを閉めると部屋が真っ暗になります。ビックリするくらい暗いです。

これに慣れると、カーテンを開けた状態では明るくて、寝づらくも感じます。もちろん、暗いほうがぐっすり眠れます。

そして、室温です。

部屋の温度はカーテンを閉めたほうがいい状態に保たれます。

寒くて凍えるような部屋で良い睡眠がとれる訳がありません。心地よい室温で睡眠の質をあげるためにはカーテンを閉めたほうがいいです。

真冬はカーテンを閉めないと部屋が寒くて寝られません。

また、朝の日当たり良すぎて暑い部屋も寝起きは最悪です。汗をかいて寝苦しくて起きることになります。

デメリットは、寝坊する可能性が高まることです。

カーテンを閉めたまま朝を迎えると、陽の光が入りません。

遅くまで寝ていたいという日はいいですが、通常は朝早く起きると思います。陽の光で早起きすることを考えた時に、朝にカーテンが閉まった状態はよくないです。

寝る時にカーテンが閉まってて、起きる時に開いてればいい

では、どうすればよいでしょう?

睡眠中のことを考えるとカーテンは閉めたほうがいいけど、朝起きることを考えるとカーテンは開けたままのほうがいい・・・

つまり、カーテンを閉めた状態で寝て、朝起きるときにはカーテンが開いていれば解決します。

そんなことができるのかと疑問かもしれませんが、とある商品で簡単にできます。

それが、『めざましカーテン mornin’』です。

[めざましカーテン mornin’] ご自宅のカーテンにカンタン装着 カーテン自動開閉装置 朝の光で寝起きが変わる 2017年度グッドデザイン賞受賞

こちらのグッズは、カーテンレールに取り付けて、スマホのアプリと連動させることで、自分が設定した時間に、カーテンの開け閉めを自動でしてくれます。

設置方法もとても簡単で、説明書を見ながら5分もあればできます。

ぼくは、こちらのめざましカーテンを使用することで、睡眠の質があがったと実感しています。

気になる方はこちらの記事をごらんください。

【口コミ】めざましカーテンmorninをつけたら睡眠の質がぐっと上がった話

【口コミ】めざましカーテンmorninをつけたら睡眠の質がぐっと上がった話
今回は、睡眠の質をあげるオススメのアイテムを紹介します。 それは、めざましカーテンmorninです。 マツコの知らない世界では、早起きが...

まとめ

カーテンを開けたまま寝ると、睡眠の質が下がるし、防犯上もよろしくない

カーテンを開けて寝るのではなく、カーテンが閉まった状態で寝て、朝起きるときにカーテンが開いているのがオススメ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告