大戸屋の『バジルチキン』は野菜たっぷり低カロリーでダイエット中にもおすすめ!

今回は野菜も取れてカロリーが控えめの外食メニューを紹介します。

仕事で疲れて自炊している元気がない、けど野菜はしっかり摂りたいなんてときがありますよね。

そして、ダイエット中だから、なるべくカロリーは控えたい。

外食でそれらの条件も満たすのかかなり難しいです。

ところが、大戸屋に野菜も摂れて、カロリーが控えめなメニューががあります。

彩り野菜と炭火焼きバジルチキン定食です。

それでは、さっそく彩り野菜と炭火焼きバジルチキンについて紹介します。

彩り野菜と炭火焼きバジルチキン定食とは

サラダ

彩り野菜と炭火焼きバジルチキン定食は大戸屋にある、定番メニューのひとつです。

6種類ものたくさんの野菜のサラダに、炭火で香ばしく焼かれた鶏もも肉が乗っかっているおかずです。

サラダには、大戸屋の特製野菜ドレッシングが使用されていおり、炭火焼きチキンにはバシルソースがかかっていて、女性好みな味付けになっています。

ちなみに、大戸屋の野菜は、カット野菜を使用していません。

大戸屋の生野菜は、カット野菜を使わずに、お店で野菜を洗い、皮をむき、仕込んでいます。

大戸屋のひと手間

カット野菜だと、工場で殺菌剤などで処理されているので、栄養素が流れでしまいます。もちろん、栄養が全くなくなるわけではありませんが、ぼくはカット野菜について「シャキシャキした何か」と考えています。

その点において、大戸屋では、店内調理なので、自炊と同じように野菜の栄養をもれなく摂れるので、外食で野菜を摂りたいときにオススメです。

彩り野菜と炭火焼きバジルチキンに入っている野菜は以下の通りです。

  • キャベツ
  • いんげん
  • 長ネギ
  • かぼちゃ
  • トマト
  • サニーレタス

いんげん、かぼちゃ、トマトなどの緑黄色がまんべんなく入っています。

自炊だと、一度の食卓で、たくさんの種類の野菜を摂るのは難しいので、その点において外食の野菜のメニューを助かりますね。

また、彩り野菜と炭火焼きバジルチキン定食では、ごはんがしそひじきご飯に基本となっています。

海藻は普段はワカメくらいでひじきなんて摂る機会はほとんどないので、しそひじきごはんになっていることもこの定食のおすすめポイントです。そして、なによりこのしそひじきごはんが美味しいです。

彩り野菜と炭火焼きバジルチキン定食のカロリー

野菜を摂るだけでなく、カロリーも気にしているかたも多いでしょう。

彩り野菜と炭火焼きバジルチキン定食はカロリーも控えめになります。

以下は、しそひじき五穀ご飯の場合の栄養成分表と野菜の量になります。

エネルギー 694キロカロリー
タンパク質 28.9g
脂質 28.0g
炭水化物 74.4g
野菜 203g

外食なので、どうしてもカロリーは高くなってしまいますが、700キロカロリーは切ることができています。

ぼくの1日の目標カロリーからすると、彩り野菜と炭火焼きバジルチキン定食のこのカロリーは決して多すぎではありませんが、なるべく減らしたいという方もいるはずです。

例えば、上記のカロリーはごはんが普通盛りでのカロリーになります。女性であれば、ごはん少なめでも十分お腹は満足できるかと思います。

あとは、脂質が高くなっている原因として考えられるのが、ドレッシングです。生野菜にドレッシングをかけないても平気という人はドレッシングをかけなければその分カロリーは低くなります。

ドレッシングを全くかけないのは厳しいという人はドレッシングの量を少し減らしてみるなどでもいいと思います。

また、炭火焼きバジルチキンに使用されている鶏もも肉には、皮がついています。鶏肉の皮も脂質になるので、皮をはがして食べるのも脂質を減らす方法の1つです。

まあでも、1食くらいカロリーが高くなったところで、急激に体重は増えないですし、言うほどかろりが高いわけではないので、そのままの状態で普通に食べるのもいいかと思います。

彩り野菜と炭火焼きバジルチキン定食を食べた感想

最後に、彩り野菜と炭火焼きバジルチキン定食の感想です。

たっぷりの野菜にチキンが乗っかっています。

大戸屋の特製野菜ドレッシング。

ドレッシングはさっぱりしてて美味しい。

野菜もシャキシャキしてて新鮮な感じ。さすが店内調理の野菜です。

野菜以外にも、しめじも入っていました。きのこ類も身体にいいですね。

そして、炭火焼きバジルチキンがこちら。

チキンは、4切れです。

断面図はこんな感じ。

正直、厚さは薄いかなぁという印象。

ところが、チキン小さいけど、香ばしい香りがして美味いです。

少し疑問に思ったのが、このチキンの量で、ホームページに記載のあるタンパク質の量になるのかぁと。

ちゃんとはかったわけではないのでわかりませんが、コンビニにあるお惣菜のチキンと同じくらいだったので、80g程度ではないかと思いました。鶏もも肉が80gだと、タンパク質の量としては20gくらいです。

もしかしたら今回のバジルチキンが小さかったのかもしれません。あとは、お米にもタンパク質が含まれるので、定食のもろもろの素材を合計すると、それなりのタンパク質の量にはなりますね。

お肉の大きさや量に文句は言いつつも、野菜がたっぷりなので、意外とお腹いっぱいになり、満足できました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告